RSS | ATOM | SEARCH
エアーバンドな日々
JUGEMテーマ:音楽

私は音楽関係はまったくダメな人間である…
が、その私がバンドにいたと言う奇妙な話。
もしかすると、エアギター第一人者なのかも知れない。
ゴールデンボンバーの先駆けとも考えられる。

当時は空前のバンドブームが少々下火になった頃。
今でこそ、X-JAPANと言えばクールで熱いバンドと言うイメージであり、元々お笑い番組の常連でアホやっていたのを若い人は知らないだろう。

その頃、私はアメリカの遊学から帰国した時だった。
世間では、淡路大震災にオウム事件がニュースを騒がしていた。
先輩から連絡を受け、会わしたい人物がいるから会わないかと誘いを受けた。
それほど仲良かった訳ではないが、居酒屋でご馳走になれるのが楽しみだけだったのだが…

約束の場所で会うとライブハウスに誘われた。
壁まで揺れる大音量のライブハウスはアマチュアとは言え酷い雑音のバンドが出ていた。
その雑音の中で先輩から「次が紹介したい奴だ」とやっとの思いで聞いた。
はっきり言って、こいつらとの何の関係があるんだと思った。

雑音が止み、その紹介したいと言う奴らが現れた。
頭わパンクでセットに何時間かかるのかと思いつつ、X-JAPANのコピーバンドだとわかった。
まぁそこそこ上手いんじゃねと聴きながら、だから私と何の関係あるのかと思った。
歌い終わり、私は先輩に連れられて楽屋へと連れて行かれた。
「この間言ってた連れてきたぞ」と紹介され、私は一体何の用なんだと帰ろうかと思った。

そして、私服に着替えても目立つ彼らと居酒屋に行った。
得体の知れない人達と乾杯をして、先輩から「こいつらどうだった?」と聞かれたが、「はぁ、まぁ、で用件は何ですか?」とやっと本題を切り出した。
「あのさ、お前バンドやんない?」
「(゚Д゚≡゚Д゚)?ナンダッテ」
「ビジュアルだって何とかなるだろ、その髪型だし」
当時の私は後頭部の真ん中の髪だけ腰まで伸ばしていたので、確かに普通ではなかったのだが。
「実はコイツ(ボーカル)、英語がまったくダメなんだよ、その英語部分だけやってくれればいいから」
「そうは言っても縦笛もロクに出来ない私がバンドなんて無理ですよ」
「紅とENDLESS RAIN知ってるだろ?あのセリフ部分だけやればいいから」

セレフ↓紅

I could not look back,you'd gone away from me
I felt my heart ache
I was afraid of following you
When I had looked at the shadows on the wall
I started running into the night to find the truth in me

セリフ↓ENDLESS RAIN

Day of joy,days of sadness slowly pass me by
As I try to hold you,you are vanishing before me
You're just an illusion
When I'm awaken,my tears have dried
in the sand of sleep
I'm a rose blooming in the desert

It's a dream,I'm in love with you
まどろみ抱きしめて

暗記しろよと思ったが、発音がどうにもならないらしい。
よって、レハートリーにこの名曲が入れられないのが悩みらしい。
てーか、致命的だろと思うのだが…

そこで、英語が話せる奴を探して私になったらしい。
頼む!!と、ヘビメタ5名に囲まれて頭下げられている光景は凄かかったと思うが、
「本当に楽器できないからね」と念押ししてやる事となった。
みんなとても喜んでくれたが、私はとんでもない話に巻き込まれた気がしていた。

私の練習は、ギターを弾くフリから始まった。
どうせなら高見沢♪と思ったが、それは無理。
正面を向いたらダメなのだから当たり前。
初めて持つエレキに無線のコードが30cm位付いてるが、当然電源なんか入れない。
みんなで悩んだ課題は、いかに手元を見られないか。
試行錯誤して決まったのは正面から見て左、ボーカルの方を向いてやや後ろ向き。
右手はテキトーに左手もテキトーに上下に動かす。
客席からはギターのケツしか見えないから分かりゃあしない。
あまりにも芸がないので、決まった部分でターンを3回する。
さらにマントを着ける事によって、少し前かがみになると手元は客席からは見えなくなった。

それにより、バンドはオープニングで紅の英語部分を私からはじまり、
2曲目はランダム、3曲目にENDLESS RAINで〆るパターンができあがった。
今、言い訳的に考えれば、まだ生で歌ってるだけマシかも知れない。

数回もやると私にもファンができた。
多分、ファンなんて生涯通じてあの時だけであったろう。
プレゼントや差し入れと、本当は滅茶苦茶嬉しいしデートにも誘われたりもした。
ファンレターも3通だがもらって、それはお礼の手紙を出した。
が…私には後ろめたさしかなく無口なキャラが出来上がってしまった。
クールで影ある男…確かに影と言うか後ろめたさはハンパでなかった。

本当なら出口待ちで女の子にキャーキャー言われるなんて今では夢のような話だ。
一年近く活動していたが、みんな仕事が忙しくなって解散となった。

思ってみれば楽しい思い出かもしれないが、当時の罪悪感は本当に辛い日々だった。
author:Muck!, category:あそび, 11:29
comments(0), trackbacks(0), - -
あたいの夏休み2011
JUGEMテーマ:日記・一般

さて、毎年恒例となりました、第四回あたいの夏休みシリーズ(誰も知らん)
毎年、夏休みを取ろうとするとロクな目に遭わない私です。
今年も猛暑、けど猛暑中はいろいろとあって遊びに行けず…
海男の私が海騒ぎしないと言う異例の年でした。

で、毎日家で子供がぶらぶらしているのもどうかと、言うのは建前で、現実逃避も兼ねて突如プールへ行く事となりました。
時間は12:30、15:00から子供は塾なので移動を考えると2時間も滞在できないですが、この機会を逃すと、もう後がないので行きました。

プールとは言え、ここは群馬の田舎です。
かろうじて市営プールです、市町村合併前は町営だった、今の正式名称は知りませんが、境町伊勢崎市民プールです。
大人¥210 小人¥110の親切価格。
31日で終了〜となるので、今年最初で最後です。
娯楽のない地域ですから、イモ洗い覚悟だったのですが…


確か300台置ける駐車場…


8/29 14時頃の人出…

人いねーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なのに、競泳用のピチピチパンツのマッチョとか、あまりに場違いで目のやり場に困る際どいビキニの若い女の子がいたりして、比率から考えたら変だろと言う違和感の中、流れるプールを全力でクロールした大人気ない大人は私です。
クロール中に左肩が「ピキッ」と鳴って、肩凝りが取れました。
写真では見づらいですが大きめの滑り台があり、ピンク側は滑りが悪く途中で停止…
手動で下まで降りました(みっともねぇ〜)
青の滑り台は加速し放題で待ち無しで滑りまくり♪

で、帰りにプールの後はアイスと別に食べたかった訳ではないのですが…
夏のプールの帰りと言う理由だけで、10数年ぶりに

がりがりくん
ガリガリく〜ん

なんか、予想外に夏を満喫してしまいました。
1000円も使わないで、、、お金使えばいいってもんではないですね。
そんな訳で、初の「あたいの夏休み」シリーズがグッドエンドとなりました!
author:Muck!, category:あそび, 09:52
comments(0), trackbacks(0), - -
おとうさん!(犬)
近所のイベントで、あのお父さん犬です。
一応、招待されたので行ってみました。



はっきり言ってしょぼいです。
何も話さないので、本物かどうかも分かりません。
ただの白い犬です。

先着50名様は一緒に記念撮影だったのですが、アホくさいのでやめました。
しかも、ベストショットを撮るために、スタッフがテニスボールをポンポンとパウンドさせて気を引き付けています。
このボールが上昇した時に、このオヤジは正面を向くので、そのタイミングで写真を撮るのですが、さすがにオヤジも飽きます。

このボケ犬も飽きると台から下りてしまいます。
そうすると、スタッフが偉そうに切れます。

「あのぅ〜かい君の気が散るので下がってくらさ〜い」と、柳原加奈子みたいに見学者に切れるのです。
それは、しつけできてないだけなのを八つ当たりしてます。

その言葉を真正面で受けた私はカチンときて、「これ本物?影武者が何匹かいるよね〜、ただの白い犬じゃない」と私も切れモードへ…
子供には、「これ、本物かどうか分からないから並ぶのやめよう」と言う始末で、人だかりからも、「これ本物じゃないよね〜」とザワザワと去り行く人々が続出…

私のおかげで行列がなくなり、静かに記念撮影が続行されました。
「今ならすぐに記念撮影できま〜す」とスタッフが呼び込み始めました。

イベント会場のブースで、「あれ、本物?」と聞いても「さぁ?」の答え、私以外も聞いている人がいたりもしました。

結果、おとうさん犬はただの白い犬です。
スタッフが偉そうな態度すると人は去ります。
犬より安い給料で自意識過剰になると惨めですから、スタッフの方は謙虚にしている方が良いと思います。

行列予定が待ちぼうけするお父さんは気の毒でした。
author:Muck!, category:あそび, 23:50
comments(0), trackbacks(0), - -
伝説の私
世界伝説全集を紐解くと、「Muck!」の伝説に関する記述を4箇所ほど見つけることができる。

以下は「Muck!」に関する当該文献からの引用である。

    ・
    ・
    ・

◆伝説1

Muck!がテレビに出た後、局には6件の苦情と700件の慰めの電話がきた。

(169ページ 19行目)

    ・
    ・
    ・

◆伝説2

地球が何回まわった日かを正確に答えられるのは、Muck!をおいて他にいない。

(569ページ 3行目)

    ・
    ・
    ・

◆伝説3

Muck!は死刑宣告を受けたが「アッシは死刑とかそういうガラじゃないんで(照)」と言って逃げ切った。

(569ページ 20行目)

    ・
    ・
    ・

◆伝説4

Muck!の半径3m以内に近づくと妊娠する。

(569ページ 5行目)

    ・
    ・
    ・

---------

自分伝説を知りたい方はこちらでどうぞ。
author:Muck!, category:あそび, 16:07
comments(0), trackbacks(0), - -
隠れ家の湯 もう行かない!
数日前、「あ〜もう仕事嫌!」「こんな生活もうヤダ!」と自分の無能振りを棚に上げて現実逃避いたしました。

で、三男を連れて温泉にと…行く訳になったのですが、いつもと違う所に行きたいと、以前に市長が朝ズバで「温泉もどきはあると」と発言し、謝罪するハメになった薮塚温泉に行く事にしました。

念のため申しておきますが、以下で述べる薮塚温泉は、その温泉ではなく、本当に「もどき」の温泉ですので誤解のないようにしてください。

その温泉に行くのは何年ぶりか覚えてないのですが、まだ三男も生まれてなく姪っ子も男湯に一緒に入ってた位ですから20世紀だったと思います…そして岩風呂で半露天風呂があったのを覚えていました。
さらに看板には「入浴料390円」とあり、安いと言うイメージでした。
相変わらず看板は「390円」で入り口の電光板にも「390円」とあったのですが、480円でした…。
子供250円…券売機のどこを見ても390円に該当するボタンなし。
一体何が390円なのだろうと疑問に思いつつ、入りました。

さすが平日の昼間だけあって先客は1人だけでした。
そして体を洗おうとシャワーを出したら水のままです。
三つ位試してみたものの、水です。
で、先客の方に「シャワー使えないのですか?」と尋ねてみた所、「5時位までは水しか出ないよ」と当たり前の様に教えていただきました。
今までいろいろな所に行きましたが、初めての体験です。

「ちょっと待てよ〜」と言う感じで仕方なく湯船のお湯で体を洗おうと思ったら何にも体を洗う物がない、固形石鹸すらないのです。
まぁ、これはサービスの考え方なので文句は言えないですが…

んで、さらに岩風呂は工事中でブルーシートで囲われています。
何でも、数年工事中だと先客の方が教えてくれました。
ある湯船は温泉(お湯?)の湯船一つと水風呂だけです、後ぬるい狭いサウナがポツリと…エンターテイメント性0、でも「家族で楽しめる温泉」と看板にはある、ある意味、他の所は素晴らしいと思うのには良い比較例であるかも知れません。

とりあえず、ぬるい湯につかりながら三男は先に出て、かき氷を食べると行ってしまったのですが、私も数分入って挫折しました。
そして、出てみたら三男はポツンと1人で券売機に背もたれながらゲームしている、「どうしたの?」と聞くと「4時にならないと食券が販売されないって」と…、じゃあコンビニで何か買ってあげるからと去りました。
なんか妻に逃げられ、銭湯通いしている親子みたいでした。

帰り道、我が家の周りにはないミニストップでピーチのソフトクリームを頼んだら、出て来ない…結果、立ち読み親子となってしまったのですが、店員さんから「凍ってしまって出来ないのでぇ…」と申し訳なさそうに言われバニラのソフトクリームとなってしまいました。。。

結局、風呂は入り直しとなり満たされぬ半日を無駄に過ごしました。

もう、一生隠れていてほしかった「本物の隠れ家の湯」でした。
ちなみに、隠れ家の湯は店名ではありません。
author:Muck!, category:あそび, 18:09
comments(0), trackbacks(0), - -