RSS | ATOM | SEARCH
合同会社ってなに?
ちょい気になり昨年このブログで一番読まれたのは、ダントツ1位で「合同会社ってなに」でした。
検索文字列を見ると、合同会社へ振込みでも行うのでしょうか、略称を調べるキーワードや他に合同会社と言うものが実在しているのか?と「合同会社
詐欺」などのキーワードもあったりしましたので、もっと端的に書いちゃいます。

合同会社の略称は漢字の場合(同)または(合同)です。
カタカナの略称は「ド」となります。
英語表記での略称はLLCです。
1つ訂正として、以前私は誤植と書いてしまったのですが、カタカナで全部表記する場合、ゴウドウ「カ」イシヤとゴウドウ「ガ」イシヤは、どちらでも口座を作る場合、問題ないそうです。
銀行で口座を作る場合、銀行系は「ド」の略称で大丈夫ですが、信金や信組などでは「ゴウドウカイシヤ」と「ド」略してくれない場合が多いです。
これは、お客様にとって大変に面倒な話となりますので、振込みをお願いする場合はネットバンクを利用しています。

混同される合名・合資の場合は合名会社は(名)、合資会社は(資)となりますので、間違っても(合)と書かないでください。
また、違いを調べられている方も多い様でしたが、大きな違いは合同会社は有限責任会社であり、合名・合資は無限責任社員が必要と言う点です。
英語表記のLLCの場合、LLPと間違えられますがLLPは有限責任事業組合となり、法人ではなく組合となります。共通しているLLの後ろのPはパートナーを、Cはカンパニーの意味となります。
この両者の違いは会社と組合で、会社は法人税が課税されますが組合には法人税がなく、組合員個人の所得に対して課税されるので二重課税にはならないメリットがあります。
ならLLPの方が得ではと思われますが、そう言う意味合いではなく、書くと長いので略しますが、やる事に対する目的によって使い分けます。

最近は段々と知名度の上がってきた合同会社ですが、まだ有限会社の下の位置付けと思われてしまうのが残念です。
もう新規設立できなくなった有限会社の代わりなのですけれどね…。
資本金¥1以上、1人以上と言う点は株式会社と同じなのですが、私の様に個人事業主の延長みたいな方には合同会社が楽で、社員を何名かでも抱えたり第三者よりの出資を受けている場合には株式会社が適しているでしょう。

ただ見栄で株式会社にすると面倒が多く、それに対しての手間と費用もかかりますから、先ず法人と思ったら合同、そして解散を要せず株式会社へと格上げできるのが合同会社のメリットでもありますから、規模に応じて株式会社へとなるのがと思います。

もう合同会社で三期を迎えた弊社は進歩がないと言う意味…とは思いたくないですが。。。
author:Muck!, category:おしごと, 15:44
comments(1), trackbacks(0), - -
Comment
大変参考になりました、会社を作れと言われて何をどうすればよいか分からないでいましたが先が見えてきました。器用貧乏、惜しみなくつくすがこれまでの私でしたが・・・50歳過ぎての挑戦。どこまでできるかわかりませんが頑張ってみます
ありがとうございました。
choco, 2011/03/08 12:43 AM









Trackback
url: http://ex-brain.jugem.jp/trackback/1027617